Twitterは本名でやるのがオススメな理由。危険性&実名と匿名のメリット・デメリットを紹介

「Twitterは本名でやるのがいいのか、匿名やニックネームがいいのか・・・。」

そんなことを考えたことはありませんか?

Twitterは本名でも匿名やニックネームでもどちらでやってもいいSNSです。

個人的にはTwitterを本名がオススメが良いと思っています。

この記事では「Twitterを本名がオススメな理由」さらに「実名と匿名のメリット・デメリット」を紹介します。

どっちでやればいいのか悩んでいる人の気が楽になれば嬉しく思います。

目次

Twitterは本名でやるのがオススメな理由は汚い言葉や酷い行動を減らせるから

Twitterは本名でやるのがオススメな理由は汚い言葉や酷い行動を減らせるから

Twitterは本名でやるのがオススメな理由は「汚い言葉や酷い行動を減らせる」からです。

Twitterの魅力として「なんでも自由に呟ける」というのがあります。

自由に呟けることは素晴らしいことですが、自由を勘違いして他人に暴言を吐いたり誹謗中傷したりしてしまう人もいます。

そういう人は匿名アカウント、ニックネームアカウントが多いです。

匿名だとなんでも言えてしまうんですよね。他人に「死ね」とかも簡単に言えてしまうし、失礼なことも簡単にできてしまう。
自分の発言に責任を持つ必要もないし攻撃的でも問題ない。なにかあればアカウントを消せばOK。

自由に発言できることは匿名アカウントのメリットでもありますが、汚い言葉や酷い行動をし続けてしまえるということでもあります。

Twitterは本名でやると良くも悪くも何かあれば自分に返ってきてしまいますよね。

学校に通っていれば何かあれば学校に連絡がいく可能性もあるし、お仕事をしていれば職場に連絡がいくかもしれない。最悪クビになってしまうかもしれない。フリーランスであれば自分の信用を大きく傷つけてしまいます。

それがあるからこそ本名でTwitterをやれば正しい行動が出来ます

汚い言葉や酷い行動をしそうになっても、本名だからこそ抑止力が働きます。「本名だしちょっとこれは良くないよな」と。なにかあれば自分のリスクになってしまいますもんね。

汚い言葉や酷い行動を減らせるのがとてつもなく大きなメリットです。

Twitterは本名でやるのがオススメな理由は炎上のリスクを減らせる

Twitterは本名でやるのがオススメな理由は炎上のリスクを減らせる

本名でTwitterをやれば正しい行動ができる、と書きました。

この利点で大きいのが「炎上のリスクを減らせる」です。

昔からバカッターと呼ばれたりしていますがTwitterではとにかく炎上案件が多く出回っています。
回転ずしで醤油さしを舐めたり、牛丼屋でガリをそのまま食べたり、誹謗中傷をしたり・・・。

色々なところで炎上していますよね。

正しい行動をしていれば炎上はかなり防げます。

失礼なことを避けていれば防げるし、もしやってしまったとしても「SNSにUPしなければ」炎上はしにくいです。

「面白いからTwitterにあげようぜ!」だと燃える可能性大!

「このアカウントは本名だからアップするのはやめておこう」だと炎上のリスクは減らせますよね。

本名は案外自分を守るための良い手段だったりします。

Twitterは本名でやるのがオススメな理由は性格が悪くなるのを防げるから

Twitterは本名でやるのがオススメな理由は性格が悪くなるのを防げるから

人は「続ける」と強さを増すという性質があります。

以前「性格・考え方も「続ける」と強さを増す。 良し悪し関係なく強くなる。」という記事を書きました。

僕はほとんど怒らないんですが、「怒らない」というのを続けてきたから、さらに「怒らないようになった」んです。怒り方もほとんど忘れるくらい怒らないです。

続ければ何事も強くなっていきます。

匿名アカウントの場合は汚い言葉や酷い行動をし続けることができます。

汚い言葉や酷い行動をし続けるとその言動が沁みついてますますそういう人になってしまいます。

細かいことに文句を言い続ければ、さらに細かいことで怒る人にもなるし、ちょっとしたことでも許せなければ何事も許せなくなります。おおらかな人とは正反対。

酷い行動をし続ければどんどん強くなり性格が悪くなります。

本名でやれば自然と酷い行動は防げるので、性格が悪くなりすぎるのを防ぐことが出来ます。

実体験として言動は本当に大切です。 普段から汚い言葉を使っている人は案外性格面でも悪かったりします。

マザー・テレサの言葉

「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。」

「言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。」

「行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。」

「習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。」

「性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。」

Twitterは匿名でやる場合は節度を持ったアカウント運用が必要

Twitterは匿名でやる場合は節度を持ったアカウント運用が必要

Twitterは匿名でやるのもOKだと思っています。

その場合は節度を持ったアカウント運用が必要です。

汚い言葉ばかり言ったり、誰かにウザ絡みしたり、秘密をばらしたり、悪口を言い続けるアカウント運用はデメリットしかうみません。

あまりにヒドイ場合は匿名アカウントであっても訴えられてしまう場合もありますし、捕まってしまうこともあります。

自由だからといって何をしてもいいわけではないんですよね。

自分自身でここまでは言ってOK、ここからは言ってはダメというラインを引いて使えるなら匿名でもOKだと思っています。

今の自分とは関係ない別アカウントで別ジャンルで運用などもとても良いことだと思いますし♪

Twitterを本名でやる危険性。誰かの悪口や誹謗中傷、名誉棄損、盗撮、話してはいけない情報のアップなど犯罪系は避ければ良い。

Twitterを本名でやる危険性。誰かの悪口や誹謗中傷、名誉棄損、盗撮、話してはいけない情報のアップなど犯罪系は避ければ良い。

Twitterを本名でやる危険性というのも存在はします。

しかし、それは防ぐことが出来ます。

Twitterは何を言ってもOKなツールですが、どこまで発言をしていいかを理解していれば問題ありません。

誰かの悪口や誹謗中傷、名誉棄損などをやっていれば匿名でやってもアウトですが実名でやればさらに危ないです。ただ本名にしろ匿名にしろやらなければ防げますよね。

盗撮をしてTwitterにアップしたり、話してはいけない情報をTwitterにアップしたりすれば危険です。

匿名よりかは本名の方が危ないです。リスクは大きいです。

しかしそもそもそういった発言をしなければ良いだけです。

危険性は確かにありますが、本名だからこそ気を付けてTwitterを使えば危険性はゼロに近くすることが出来ます。

危険性は自分の振る舞い次第です。

【AIに聞いた】Twitterを実名でやるメリット・デメリット、匿名でやるメリット・デメリット

【AIに聞いた】Twitterを実名でやるメリット・デメリット、匿名でやるメリット・デメリット

AIに「Twitterを実名でやるメリット・デメリット、匿名でやるメリット・デメリットを教えてください」と質問をしたのでその回答をこちらに記載します。

Twitterを実名でやるメリット

  1. 信頼性: 実名を使うことで、フォロワーはあなたが真剣にツイートをしていると感じることができ、あなたの意見やアドバイスに対してより信頼を持つことができます。
  2. ブランドの構築: 実名でツイートをすることで、あなたの名前が知られるようになり、自分自身や自分のビジネスのブランド構築に役立ちます。
  3. 仕事やキャリアに役立つ: 実名でツイートすることで、業界の専門家や同僚と簡単につながることができ、新しい仕事の機会やビジネスの機会を見つけることができます。

Twitterを実名でやるデメリット

  1. プライバシー: 実名でツイートすることで、プライバシーの問題が生じる可能性があります。特に、個人的な情報を共有する場合、セキュリティ上の懸念があるため注意が必要です。
  2. ネガティブな反応: ツイート内容が物議を醸す場合、ユーザーがあなたのプロフィールを調べた結果、批判や否定的なコメントを受ける可能性があります。
  3. 職場の問題: 実名でツイートすると、あなたの職場で問題が発生する可能性があります。たとえば、上司や同僚によって、あなたが発信した内容が反感を買うことがあるためです。

Twitterを匿名でやるメリット

  1. 自由度が高い: 匿名でツイートすることで、自分自身や自分のビジネスに影響を与えることなく、自分の考えや感情を自由に表現することができます。
  2. プライバシー: 匿名でツイートすることで、プライバシーを保護することができます。個人的な情報を共有する必要がないため、身元を明かさずに安心してツイートすることができます。
  3. 職場の問題: 匿名でツイートすることで、職場での問題を回避することができます。上司や同僚によって、あなたが発信した内容が反感を買うことがあるためです。

Twitterを匿名でやるデメリット

  1. 信頼性の低下: 匿名でツイートをすると、フォロワーはあなたが真剣にツイートをしているかどうかを判断するのが難しくなります。そのため、あなたの意見やアドバイスに対して信頼を持たれない可能性があります。
  2. ブランドの構築: 匿名でツイートすることで、あなたの名前が知られることができません。そのため、自分自身や自分のビジネスのブランド構築には不向きです。
  3. 反感や攻撃の対象になる: 匿名でツイートすると、批判や攻撃の対象になる可能性が高くなります。特に、議論が白熱する場合や、感情的なトピックを扱う場合は注意が必要です。

さいごに

以上のように、Twitterを実名でやるか匿名でやるかは、その人の状況や目的によって異なります。プライバシーやセキュリティに配慮しつつ、自分自身や自分のビジネスのブランド構築、業界の専門家や同僚とのつながりの構築などを考慮して、適切な方法を選択することが重要です。

Twitterは本名でやるのがオススメな理由。実名と匿名のメリット・デメリットを紹介

Twitterは本名でやるのがオススメな理由。実名と匿名のメリット・デメリットを紹介

Twitterは本名でやるのがオススメな理由を紹介しました。

個人的に本名でやることのデメリットは少ないと思います。
なにかあれば大変というデメリットもありますが、本名だからこそ何もしないように気を付けて、結果何も起きないという流れを作ることが出来ます。

本名こそ自分を守る術だったりします。

匿名でやる場合は言動がキツクなり過ぎないように気を付ければ有効に使えると思います!

楽しいTwitterやSNS生活を送ってくださいね♪

X(Twitter)でフォローを外した・解除した人を確認してフォローを外す。フォロワーからいなくなったリムーブした人を探して一気に削除するのがオススメ!

「X(Twitter)でフォロー外された・解除の人を確認する」のはSocial Dogで確認をすることができます。

フォローされていないアカウントを探したり、もう動いていないフォロワーを探すことができます。

X(Twitter)でフォローを外した・解除した人を確認してフォローを外す。フォロワーからいなくなったリムーブした人を探して一気に削除するのがオススメ!

「X(Twitter)でフォロー外された・解除の人を確認する」のはSocial Dogで確認をすることができます。

フォローされていないアカウントを探してフォロー解除もできます。

https://www.amazon.co.jp/gp/video/storefront?benefitId=default&tag=norinori0107-22

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ギタリストとして活動する中、1人でほぼ初海外で世界一周の旅に出る。帰国後演奏しながら株式会社を立ち上げ経営。役に立てることが嬉しいと思う性格。ブログのアクセスは月34万PV達成!累計1200万PV達成。 ミルクティーとフルグラと犬が好きです。

コメント

コメントする

目次